杖がないと危ない!について

杖がないと危ない!

今回紹介するのはお年寄りの肩が利用している杖についてです。。
杖って必要だと思いますか?
恐らく、80歳くらいまでは必要とは感じないと思います!
しかし、80歳を超えてくると腰がまがりはじめるので、杖が必要となります。
もし杖がなければどうなるのでしょうか?
恐らくですが、杖がないとそのまま転倒してしまう可能性もあるでしょう。
そのため、杖というのは人生の後半から必須アイテムになると言われているのです。
そんな杖ですが、今では様々な杖が販売されていることをご存知でしょうか?
実は杖を販売するブランドも存在しているので、これには正直おどろきですよね!

□高級の杖とは?
まず杖の持ち手などがよくデザインされています!
また、杖の先端にゴムを付けて安全性を上昇させている杖などもあり、様々な面で工夫されている商品が山のようにあります!
もし、プレゼントするならオリジナル性の高い杖をプレゼントしてあげてみてはいかがでしょうか?
きっと喜ばれること間違いなしではないでしょうか?

バリアフリーとは、どのような種類があるのでしょうか

バリアフリーとは、簡単に言うと、バリアとなっている壁を取り除くことで、高齢者や障害者だけでなく、怪我をしている人や妊婦や子連れなど、いろいろな人に優しい町で、生活しやすい町にするということです。バリアとなっている壁には、段差などの物理的なバリア以外に、心理的なバリアも含みます。それでは、実際にどのようなバリアフリーがあるのでしょうか。まずは、出入り口が狭いと、車椅子の人が出入りできない場合もあるので、出入り口は大きく、誰でもスムーズに出入りできるようにすると良いです。それ以外にも、扉が重たかったり、引き戸の場合も、力が弱い人や荷物尾持っている人などでは、開閉しにくいので、自動ドアの方がとおりやすいです。そして、トイレも和式トイレだけでは、足が悪い人や車椅子の人は使用しにくいです。そのため、洋式トイレに手すりと設置したり、子供用のトイレも設置したり、赤ちゃんのオムツ買えのベッドがあると、誰でも使用しやすいです。また、出入り口に段差しかないと、車椅子では通れないので、スロープを作ったり、スロープの勾配が急すぎると、介助する人も大変なので、なだらかな坂にした方が良いです。そして、長いスロープになる場合は、途中で平らな部分を作ると、休憩できます。歩道でも、手すりがあると足腰が弱い人でも通行しやすく、子供用に低い手すりがあるとより良いです。そして、目の不自由な人のために、点字ブロックがあると、安心して町に出ることが出来ます。

check

湘南の外構工事は株式会社エーアンドジー

High grade Property

2016/1/6 更新

杖がないと危ない!

手すりの大切さって?

補聴器を利用すると変わる?

筆談器ってなに?

歩行補助用品ってどんなのがある?